バイリンガル育児を成功させるために大切なこと

バイリンガル育児を成功させるために大切なこと

バイリンガル教育のプレッシャー

最近はグローバル教育が盛んに注目されてますね。 猫も杓子も、教育系のコラムはグローバルの文字で溢れかえっています。 グローバル教育を考えたときに、まず意識するのは英語力ではないでしょうか? もちろん英語さえできれば良いという訳ではありませんが、重要なファクターである事は事実です。

子供のアイデンティティーを確立する

では、バイリンガル教育を行うためにどのような点が大事になってくるのでしょうか? 語学の習得は単に言葉が話せれば良いと言うだけに留まらず、その文化的な背景なども含めた総合的な学習が必要になります。 2つの言葉を同時に学ぶ子供は、時として、自分のアイデンティティーを見失ってしまうことがあります。

グローバル教育が叫ばれる昨今

バイリンガルという響きには一種の憧れを感じませんか?
特に、単一民族で島国育ちの日本人にとって、バイリンガルになる環境を手に入れる事は非常に困難で、そのような機会に恵まれる方が眩しくさえ見えてきます。
国際結婚でそのようなバイリンガル教育の環境を手に入れる方もいれば、日本人同士の家庭でありながら、仕事の都合で一時的に海外へ駐在する事になり、バイリンガル教育の可能な環境に暮らす方もいるでしょう。
今は、昔に比べて海外へ駐在するということが珍しいことではなくなりましたが、その分、バイリンガルキッズの数も増えています。
ちょっと海外に住んだというだけで、その国の言語が習得できるほど語学は簡単ではありませんし、日本語と外国語の両方をきちんと学習し、使いこなせるようになるには努力が必要です。

国際結婚のご家庭であれ、海外駐在員のご家庭であれ、子供をバイリンガルに育てるために、皆さんの知らないところで色々苦労して頑張っているんです。
しかし、最近はインターネットで情報が簡単に手に入りますし、スカイプ英会話のサービスを提供している会社も沢山出てきました。
日本に居住する日本人家庭においても、豊富な英語教材を上手に使って、海外に居住しなくてもかなり高い英語力を身につける事ができるようになりました。
そのような点を見ると、国際結婚のご家庭や海外駐在員の家庭においてはより高いレベルで言語を操るバイリンガルに子供を育て上げなくてはいけないというハードルが高くなり、プレッシャーがかかってしまうかもしれませんね。

言葉のシャワーを浴びせよう

バイリンガル教育でよく言われていることのひとつに、2つの言語を習得する分、覚えるには時間を要するため、子供の口をついて出るようには時間がかかると言われています。 語学の習得においては、その言語を沢山聞いて、脳の中のその言語を蓄える器が満たされるとようやく話せるようになってきます。

TOPへ戻る