バイリンガル育児を成功させるために大切なこと

>

バイリンガル教育のプレッシャー

バイリンガル教育への憧れ

ああ、英語がネイティブのように流暢に話せたらどんなに良かっただろうか?
と羨ましく思った事はありませんか?
残念ながら、日本の一般家庭において日常で英語に触れる機会はほとんどなく、英会話に通ったとしてもそれを復習する実践の場がないのが現状です。
言うまでもなく、学校の英語だけで話せるようになる事はまずありません。
やはり、手っ取り早いのは英語圏に住んで、毎日、嫌でも英語に触れなくてはいけない環境は英語を習得するのにもってこいです。
もし可能ならば、今すぐにでも英語圏へ移住、もしくは長期の駐在でもして毎日英語のシャワーを浴びる生活がしたいものです。
もし子供がいるなら、小さいうちに英語圏で学ぶ機会を与えてあげられると、日本語と英語の両方を操るバイリンガルに育て上げることができますね。

現実はそう簡単ではないと言う事

しかし、現実はそう簡単なものではありません。
例えば、両親のうちどちらか一方が日本人で、もう一方が外国人のご家庭の場合、周囲からみれば毎日家庭で両方の言語を耳にする機会があるため、簡単に両親の話すそれぞれの言語を自然に習得することができると思うでしょう。
最終的にはバイリンガルとして成長するかもしれませんが、2つの言語を同時に習得するのはそうそう簡単ではありません。
どのご家庭も、苦労しながら子供に言葉を教えていますし、2つの言語をしっかり話せるように育てなければいけないと言うプレッシャー、もしくは、少なくともそれぞれ両親の話す言語はしっかり習得して欲しいと言う意地のような願いの元に、手探りで日々子供達と向き合っています。


TOPへ戻る